FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Epitaph / Seeming Salvation

Music-Log
【Artist】Epitaph
【Title】Seeming Salvation
【Format】CD
【Label】Thrash Records
【Released】1992
【Notes】Limited to 500 copies???
【Matrix】THR 017 CD MPO 01 @@@ 9
【ピカ奴隷的評価】★★★

PKT_20160127_0004_NEW_R_GF.jpg

PKT_20160127_0005_NEW_R_GF.jpg PKT_20160127_0006_NEW_R_GF.jpg

スウェーデンのデスメタルバンド、1stフル!!(`・ω・´)ゞ
オリジナル盤はデスメタル/Thrash Recordsの中でもトップクラスのレア度を誇ります。
500枚限定との噂もありますが、定かではありません。
CDでは現在までに3回再発されております。
2008年にKonqueror Recordsからデモ4曲(Disorientation(1991))を追加し再発。
2014年に同じくKonqueror Recordsから限定500枚で再発(こちらはデモ曲の追加なし)。
2015年にDark Symphoniesから1,000枚限定で再発。
Konqueror RecordsプレスはMix違いで、オリジナルより厚みは増していますがスピードが少し遅く調整されています。
Dark Symphoniesプレスはオリジナルの音源を採用しています。
1993年に解散しておりますが、昨2015年に復活。現在も活動中です。
Encyclopaedia Metallum➡( 'ω'o[ Epitaph ]o

【Member】
・Johan Enochsson (Dr, Vo)
・Manne Svensson (Gt)
・Nicke Hagen (B, Gt)

【Track List】
01 Chastity
02 Seeming Salvation
03 Prey to Dismay
04 Engraving the Epitaph
05 The Twisted Grace
06 Self-Inflicted
07 Purgation from Within
08 Disorientation
09 Seeking Life
10 Of Violet Fire

音質はまずまず。少し線が細いサウンドで、やや迫力不足。
サウンド的には典型的なスウェディッシュ・デスを基調とした暗く陰鬱なサウンド。
音質のせいもあってコテコテの高摩擦サウンドは少な目。
スタスタと2ビートで淡白に展開する部分が多く、割と明瞭なリフワークは初期USデス勢の影響がありそう。
Voは中音の唸り/がなりがメイン。
初期Carcassのような高音スクリームとのコーラスがたまに出てくるのがいいアクセント(*゚∀゚)ィィ!!
技術面においては現在の高性能デス勢と比ぶべくもないですが、オールドスクールデスとしては雰囲気満点で多彩なリフワークも聴きドコロが多いです。
オールドスクールデス・フリークは是非!!ヽ(´∀`)9



↓↓↓人´∀`●)楽しんでいただけましたら、是非クリックをお願い致します!!
  FC2ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
スポンサーサイト
Theme: HR/HM | Genre: 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。